他社サーバーとの連携

一般的にドメインの取得とレンタルサーバーの契約は同時に、(サービスは別々ですが)同じ会社が運営しているところで申し込むことになるため、運用開始時点では気にすることではありませんが、ドメインは一度取ると移動することが少し面倒です(面倒というか、アクセスできない期間がでてしまうのが最大のデメリットです)。

ある意味実態のないドメインは動かすことはなくても、レンタルサーバーに関してはサーバーの容量や転送量の問題などで、移転することはよくあります。

その場合レジストラはそのままでドメインの情報を新しいレンタルサーバーに移すという作業(正確には設定変更)を行います。この時に新しいレンタルサーバーとの連携が悪ければ最悪ドメインの移行ができないということになります。

アフィリエイトサイトの場合、検索エンジンとの相性が大切な要素になっていますが、万が一ドメインの移行がうまく行かず検索サイトから消えてしまうようなことになれば、それこそ死活問題になるためドメイン(レンタルサーバーもそうですが)の管理は神経を使うところです。

これはドメイン名の選択というよりは、ドメイン管理会社(レジストラ)を選択する上での基準になるのですが、何気に重要なことなので、覚えておいて損はないと思います。

独自ドメインを選ぶ基準と同じカテゴリの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です