さくらインターネットのクイックインストールで独自ドメインのトップディレクトリからWordPressを使用する方法

【さくら編】WordPress簡単インストール方法を見てもらうとわかりますが、さくらインターネットのクイックインストールを使う場合、必ずインストール先のディレクトリを指定する仕様になっています。

この方法でインストールしてしまうと、トップにディレクトリ(要は「http://datsu-freeblog.info/」でアクセスしたところ)でWordPressを運用することができなくなってしまいます。

そこで、さくらインターネットのクイックインストールを使用したとしても、独自ドメインのトップディレクトリでWordPressを運用できる方法をまとめてみます。

<注意>
トップディレクトリでWordPressを運用できるのは、独自ドメインを設定した時だけでさくらインターネットの初期設定ドメインでは運用できませんので、ご了承ください。

また、さくらインターネットの登録及び、独自ドメインの取得が完了しているところからスタートしますので、それぞれの登録方法、取得方法については下記ページを参考にしてください。

【さくら編】独自ドメインなし、レンタルサーバー登録方法
【さくら編】独自ドメイン登録方法
【さくら編】独自ドメインあり、レンタルサーバー登録方法

ここからやっと設定方法に入ります。

1、サーバコントロールパネルにアクセス
URL:https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/

さくらインターネットの場合は、データベースの設定は手動で行なうため、まずはデータベースの設定から。

2、ドメイン名、パスワードを入力して「送信する」をクリック

3、メニューの[アプリケーションの設定]の「データベースの設定」をクリック

4、データベース接続用パスワードを設定し、文字コードを「UTF-8」にして「送信」をクリック

5、データベースの設定が完了です

管理ツールとかありますが、いじると面倒なのでそのまま放置してください。

続いて、WorrdPressのインストールに移ります。

6、メニューの[運用に便利なツール]の「クイックインストール」をクリック

7、カテゴリーから「ブログ」をクリック

8、「WordPress」をクリック

9、インストール先にさくらの初期ドメインを入れ、横にWordPressをインストールするフォルダ名をつけ、データベースのパスワードを入力し、「インストール」をクリック

※この時のフォルダ名はURLに反映しないため、わかりやすいものを設定すればOKです。

10、WordPressのインストール完了

これでひとまずWordPressのインストールは完了です。

WordPressの初期設定

インストールはできましたが、設定関連が終わったいないためWordPressの管理画面にアクセスし、初期設定を行う必要があります。

1、WordPress インストール完了画面にある「アプリケーションの設定へ進む」にアクセスしします

URLは必ず「http://取得ドメイン/設置ディレクトリ/wp-admin」となります。

2、設定項目は「サイトタイトル」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」です

ユーザー名以外は初期設定後に変更不可ですが、ユーザー名はログインのキーになるため変更ができなくなっています(WordPress上の表示名は変更可能です)

3、すべて入力して「インストール」をクリック

4、成功しました!が表示されたら「ログイン」をクリック

5、設定項目で設定したユーザー名とパスワードを入力し「ログイン」をクリック

6、これだけでWordPressの設定は完了です。

マルチドメインの対象のフォルダの設定

WordPressをインストールしただけでは、まだ独自ドメインとの関連付けが終わっていないため、これから「マルチドメインの対象のフォルダの設定」を行います。

1、左メニューの「ドメイン設定」をクリック

8、ドメイン名の横にある「変更」をクリック

9、マルチドメインとして使用するにチェックを入れ、対象のフォルダにWordPressをインストールしたフォルダ名をいれ、共有SSLを使用しないにチェックを入れて「送信」をクリック

10、ドメイン名の横のパスにフォルダ名が表示されれば完了です

独自ドメインのURLにアクセスして、WordPressのトップページが表示されれば完了です。

以上で「さくらインターネットのクイックインストールで独自ドメインのトップディレクトリからWordPressを使用する方法」は終了です。

すべての工程を書いているので、長くなっていますがポイントは難しくないと思います。

コラムと同じカテゴリの記事:

さくらインターネットのクイックインストールで独自ドメインのトップディレクトリからWordPressを使用する方法 への6件のコメント

  1. クリン より:

    非常に助かりました!
    レンタルサーバー業者に問い合わせても返事が遅いし、
    問い合わせの手続きめんどうで困っておりました。
    インストール後、表示がおかしくなり困り果て、
    DBを再インストールからやり直しましたら、
    正常に動きました。
    この記事の掲載、本当に感謝しております。
    当方初めて、HP制作、DB設置、Wordpress導入と
    必要に応じ自分でやることになり
    全くの初心者です。
    取り急ぎWordpressの既存のテーマを使用し、
    デザインのマイナーチェンジをしております。
    ・デフォルトのホームボタンの削除(変更)
    ・メニューの固定ページの中に、さらにメニューのページ(固定?)
     を作る
    ・ヘッダ名のリンク先が、サーバー先のフォルダーに
    なっているのを、本来の独自ドメインに変更

    などなど始めたばかりで変更したい箇所だらけで、
    もし教えて頂ければ幸いです。
    取り急ぎお礼とお願いまで。

  2. ライル より:

    こんにちは!この記事通りにやってみて、無事、独自ドメインでもWordpressが表示されるようになりました。

    そこで一つ、ご質問したいことがあり、書き込ませていただきます。

    上記方法でインストールするということは、ネット上に、同じ内容のサイトが2つ存在することになるということでしょうか?独自ドメインにアクセスして表示されるサイトと、さくらインターネットの初期ドメイン(.sakuraがURLにつく方)にアクセスして表示される内容の全く同じサイト、というような…。
    ということは、検索時、2つのサイトが別々の検索結果として表示されてしまうのでしょうか?

    その場合、初期ドメインの方を非公開などに設定することは出来るのでしょうか?
    質問ばかりで申し訳ございません。ご教示いただければ幸いです。

  3. たりねこ より:

    ありがとうございます。私もクリンさん同様助かりました。

  4. Compaqs より:

    とても助かりました。ありがとうございます。

    手動のインストールでうまくいかず、悩んでいました。インストールのデータをいったん削除して、ご記載のクイックインストールに切り替えたら、うまくいきました。

    わかりやすいご解説、誠にありがとうございました。感謝です。

  5. トク より:

    知りたいことがドンぴしゃで書かれていて助かりました!
    ありがとうございます!

  6. yuji より:

    コメントをいただいた皆様、ありがとうございます。

    放置気味になっていたため、回答が遅くなっている方もいらっしゃり大変申し訳なく思っております。

    今更感満載ですがライルさんの質問の回答をお伝えします。

    初期ドメインですが、これを非公開にすることはできません(初期ドメインでのアクセスも可能な状態です)。

    ※さくらインターネットの管理画面を見ればわかると思いますが、初期ドメインと同じディレクトリを独自ドメインでも見られるように設定を変更するので、住所が2つあることになります。

    ただし、検索エンジン等への登録を独自ドメインで行なっていれば、検索エンジンへのインデックスは独自ドメインだけになり、初期ドメインに検索からのアクセスはないと考えていいです。

    検索エンジンといってもすべてのURLを把握しているわけではなく、登録したり、他のサイトからリンクされたものを収集しているので、表に出さなければアクセスはありません。

    逆に言うと、独自ドメインを取っても検索エンジンへの登録や他のサイトからリンクがなければアクセスはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です